ルイボスティー(ルイボス茶)

ルイボスティー(ルイボス茶)は、日本茶製法の「火入れ」で抽出量とまろやかさが違う!

ルイボスティー(ルイボス茶)

 

top

ルイボスティー(ルイボス茶) の購入

 

No.1722 ルイボスティー エコパック

ルイボスティー(ルイボス茶)

品名 ルイボスティー エコパック

内容 4g×60包

希望価格 4,860円 (税込)

販売価格 4,860円 (税込)

(ポイント 50P)

送料無料!

 

 

 

 

特典

 

top

ルイボスティー(ルイボス茶) の特徴

 

ルイボスティー(ルイボス茶)ルイボスティー(ルイボス茶)ルイボスティー(ルイボス茶)ルイボスティー(ルイボス茶)

 

top

ルイボスティー(ルイボス茶) とは

 

ルイボスティーは、南アフリカ共和国のケープ州にあるセダルバーグ山脈一帯でのみ栽培され、古くから健康と肌の美しさを守る秘薬として愛飲されてきた針葉樹科に属する植物です。学名は「アスパラサス・リネアリス」現地では「ルイボスティー(赤い藪の奇跡)」と言われており、生産地は勿論、ヨーロッパの各地で飲み続けられ、今日では世界各地で愛飲されております。

 

南アフリカ政府の増産計画として、他の地域での栽培を幾度も試しましたが全て失敗に終わり、今でも南アフリカ共和国セダルバーグ山脈一帯でしか栽培されていない貴重なお茶です。

 

南十字星の輝く澄みきった空気と灼熱の太陽と自然の恵みを一杯受けた南アフリカの大自然のもとで、化学肥料・農薬等は一切使用されず栽培されたルイボスティーは、良質のミネラルをはじめ、プロテインやフラボノイド等〔抗酸化物質〕がバランス良く含まれた理想的な健康茶です。

 

また、無農薬で栽培されたルイボスティーですから、有害な成分は一切含まれず、お子様からお年寄りまでどなたにも安心して美味しくお飲み頂けます。

 

top

丹羽医学博士 プロフィール

 

ルイボスティー(ルイボス茶)

丹羽 耕三(旧靱負)医学博士

1932年大阪生まれ、1962年京都大学医学部卒業

医療法人 修命会 土佐清水病院院長

京都大学医学博士

丹羽免疫研究所所長

日本リウマチ学会 認定委員

関西医科大学皮膚科非常勤講師

愛知医科大学非常勤講師

国際医学専門誌投稿論文の審査員

(Biochemical Pharmacology)

 

top

ルイボスティー(ルイボス茶) は、このような方におすすめ!

 

刺激となるカフェインが全く含まれない為、アトピー性皮膚炎・花粉症・アレルギー性鼻炎等の方にも安心してお飲み頂けます。また胃腸の弱い方、就寝前に日本茶・紅茶・コーヒーを飲むと眠れなくなる方にもお奨めします。

 

お酒を飲む前後の「アルコール対応」にも適しており、翌日アルコール臭〔口臭・体臭〕が気になる方におすすめ、酔い覚めもスッキりします。又、水割りの代わりとしてミネラル豊富で更にカフェインレスのルイボス割りをお奨めします。

 

「スポーツ時の水分補給」「ご家庭の常備飲料」として麦茶感覚でお飲み頂けます。日本茶に含まれている“カテキン”とルイボスティーに含まれているフラボノイドがとても相性が良く〔抗酸化〕が増すと言われています。また、ナトリウムが含まれているため、夏場の水分補給にも最適です。

 

top

ルイボスティー(ルイボス茶) のお召し上がり方

 

ティーポット(500cc)にルイボスティーを1包(4g)入れお湯を注ぐだけ、1〜2分位したらお飲み下さい。

 

更に効果と風味を期待する方は、お湯1.2リットルにルイボスティーを1包(4g)をいれ、4〜5分位煮込みお飲み下さい。独特の洗練された味と香りがお楽しみ頂けます。

 

また、、ホットでも、アイスでも美味しく頂けます。

 

top

ルイボスティー(ルイボス茶) の詳細

 

商 品 名

ルイボスティー(ルイボス茶)

名  称

有機ルイボスティー

原材料名

有機ルイボスティー茶葉、窒素

原産国:南アフリカ共和国

販売者:株式会社TIGER

生産国:日本

JANコード:4997996300244

内 容 量

240g(4g×60包)

保存方法

高温・多湿、直射日光を避け、涼しい所にて保存して下さい。

 

top

ルイボスティー(ルイボス茶) の注意

 

 

top

ニワーナ(ニワナ)関連商品

 

 

 

top

ルイボス茶 関連商品

 

 

おもいやりクラブ > サプリメント > 健康茶

おもいやりクラブ
更新日 2018/09/19
特売コーナー
スマートフォン専用サイトはこちら
検索

関連商品はこちら↓↓↓

ニワーナ・ニワナ ルイボス
ご案内
rss1.0
rss2.0